整理の外せないポイント

おはようございます。

明るい良いお天気です。

 

子どもはいよいよ明日終業式。

3月唯一の登校日です。

区切りとなり

新たな学年へステップアップです。

 

ということで

春休み期間は整理収納しやすい時期です。

 

学期の区切りごとに

モノの見直をし、

処分できるものは処分していくことで

モノが増えることなく

今ある収納に収めることができます。

 

処分するモノは本人が決めます。

 

そして整理の外せないポイントがあるんですね!

それは 

モノの「適正量」を決める。

ことなんです!

 

何から適正量を決めるかは様々ですが

うちでは子どもの本棚(W450㎜×H1500㎜)

に収まる分しかモノを所有せず、

そこに収まる分が「適正量」と決めています。

 

なので本人も厳選して

今使っているモノを選んで残しています。

 

この適正量がないと

残念なことに

永遠とモノが増えてしまうんですね>_<

  

もしそれでも選びきれない。

とっておきたいのであれば

段ボールを用意してそこに入れます。

言わば1軍のモノではなく2軍のモノたちです。

 

そして見直しの期限を書いて保管します。

もし1年後一度も開封していないようなら

処分の対象になります。

  

子どもを例にとりましたが

サロン(仕事場)でも同じ方法が必要です。

 

仕事場となればより重要ですね。

使いやすく、在庫管理しやすく

そして見せるものがあれば

美しく。

 

すべては日常から意識することが大事ですね。

 

それでは今日も充実した良い1日をお過ごしください(*^-^*)

  

 

*W450 ㎜×H1500㎜の本棚に入っているモノの量⇩

作業する時は全てを出します。

ここから処分するモノ・残すモノを選別します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です