「マイセンと書と華のあるくらし」展始まりました。

 

以前もご紹介したTOKYOリノベーションミュージアムにて「マイセンと書と華のあるくらし」の展示がスタートしました。 

 

新しいリノベーションのカタチということで、とても素敵なブースが出来上がっていました。

 

また”書樹”のアーティストお2人の作品がインテリアに調和され、

美しく力のある雰囲気がとても素敵でした。

アートは「生モノ」生きているものっという感じが伝わります。

実際に展示ブースを製作された方々のお話も聞くことが出来ました。

様々な製品や人の思いを調和させて新しいモノを作っていく。

やはり、自分の目で見る。体感することがとても大事ですね。

この展示期間中は、もともとあるリノベーションモデルルームのインテリアも

”書樹”のお二人の作品が展示されています。

かっこいいです。

 

 

展示期間は9月24日(火)までです。

ぜひ見て体感!足を運んでみて下さい(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です